次のバブル。

 最近は相場が比較的落ち着いていますね。
今回は話題を変えまして、アメリカが考えているといわれている
次のバブルについてお話させていただきます。
次のバブルの種として、
地球温暖化に関する環境バブルを考えているようですね。
CO2を犯人とした地球温暖化にはかなりの学者たちが反対していますが。。
みなさんも、「温暖化はCO2が原因、このまま温暖化が進めば地球は破滅する」
と思っておられるかもしれませんが、
地球は温暖化と寒冷化を繰り返しているのです。
今より人口が少なく、機械文明ではない時代でも
いまよりも気温が高い時代は何回もあるんです。
南極の氷は溶け続けているわけではなく、
中心部の気温は全く変わらないかむしろ少し下がっているぐらいです。
CO2が犯人ではなく、
地球の周期、太陽活動の周期による温暖化であることは、
良識ある知識人たちには周知の事実のようですが、
先進国は相変わらずCO2を犯人に仕立て上げております。
ビジネスの匂いを感じるのは僕だけでしょうか?
すでにCO2排出権などが証券化されているようですね。
サブプライムローンもインチキでしたが、
次のバブルの種もインチキの可能性があります。
しかも世界的な世論になっているから始末が悪い。。
CO2の処理技術をまだ持っていない発展途上国は
先進国に追いつくための足かせがさらに増える。。
この問題に対して興味関心は持ち続けていかないといけませんね。
温暖化はしていきますが、温暖化は悪いことではなさそうですよ。
基本的には夏の気温はさほど変わらず、冬は温かくなるそうです。
寒い地方の方が雪かきせずにすみます。
氷に閉ざされた地域に、タンポポが咲くようになります。
氷の大地だった場所で農業ができるようになります。
政治的にもっと良くなっていけば、人口増加で飢餓が増えている場所の
食糧問題を解決できる一つの手段になります。
温かいのもなかなか良さそうですよ♪


↓よろしければクリックお願いします☆励みになります(^^♪

システムトレードランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする