ポスト資本主義経済

いや、ドラッカーの本のタイトルをパクッた訳では。。
資本主義経済後期の姿、
資本主義の黄昏期について考えてみると、
いわゆる貨幣経済を否定したものでは無いとオモワレマス。
あくまでも資本主義の延長線上にある形かと。
ですので物価も株価もゆるやかな上昇を目指すのだろうと推測されます。
今も資本主義の黄昏期と言っていいと思いますが、現にそういう感じです。
今後もデフレになり株価が下がるという状況を良しとはしないと思います。
かといってもう急成長を望むのは目指すべきではあるが厳しいところもある。
結局資本主義って、極端に言えば、
「田舎で子作り以外にやる事がない」社会から卒業しようとする時
一番役に立つ考え方なんだろうな。
満たされてきた時には、やはり停滞気味になる。
それと同時に人間も成長するから様々な技術革新も起こる。
緩やかでありながらも、
「人間は貴族に、労働はロボットに」
に社会に近づいていくんだろうな。
徒然なる思いでした。
一回に書く量はこのぐらいが限界ww



↓よろしければクリックお願いします☆励みになります(^^♪

システムトレードランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする