中央銀行のマネタリーベース比較 改めて今までの資本主義は瀕死だ( ゚Д゚)w

ちょっとまとめたかったので各中央銀行のマネタリーベースの状況をまとめました。

まず日銀(日本)


ほんでFRB(米国)


そしてECB(ユーロ圏)と


BOE(英国)


日銀とFRBはサイトから直接データをダウンロードしてグラフ化しました。

ECBとBOEはTRADING ECONOMICSから引用しています。

特に日銀とFRBはカタストロフィーw

ここまでする必要ある?そこまでの効果あった?w

無意味ではなかったけど、成功はしていないね。

むしろ出口政策の難しさでリスクを生んでいるだけかも。

特に日本ではここまで民間銀行に資金を供給しても貸出しが増えない。

日銀の当座預金にブタ積みになってるだけ。

これが証明

↑まだ2000年ぐらいの融資量を回復してない。
何?民間銀行もやる気ある?ww

もう従来の経済学は通用しない段階に入ってるんだよ。

資本主義も4GLTE時代に入らないといけないのです(‘ω’)ノ

金融政策がどうとかよりももう教育とか発想力とかの企業家精神の問題でもある。

皆が思いつくようなことで利潤が得られる時代は終わっている。

そこを開発していかないとブタ積みにされてる資金の使い道は出てきません。

こんだけ金融緩和しても結果がでないというのはそういう事。

政府と中央銀行はなんとかしたいなら、出来るだけ民間の邪魔はしないように。

必要なことは減税と規制緩和。

トランプ政策の柱でもありますね。

トランプさんはさすがどうしたら経済発展するかよくわかってらっしゃる。

日本にそのスタイルが早く輸入されて欲しいなと思います。ホント。 


↓よろしければクリックお願いします☆励みになります(^^♪

システムトレードランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする