オーストラリア経済データ分析 GDP/国債金利/マネーストックなど

オーストラリア経済を数値やグラフで整理してみました(‘ω’)

名目GDP


世界経済のネタ帳より)
2016年度は1,692.43×10億オーストラリア・ドル

実質GDP(=名目GDPから物価変動の影響を除いたもの)


世界経済のネタ帳より)
2016年度は1,677.47×10億オーストラリア・ドル

いやいやいや
実質GDPとか上昇がキレイすぎるでしょ( ゚Д゚)w
スピードはそれ程だけど安定感がハンパない。
世界経済にうまくハマってはいるんでしょうね。

USドルベースでの世界GDPランキングでは13位(2016年度)です。
ロシアの次なんですね。

インフレ率



70-80年代は高いですが、それ以降は落ち着いてきてます。

近年は準先進国として落ち着きながらもやや高めですね。

政策金利



90年代初頭とか15%とかあったの( ゚Д゚)w
近年はリーマンショック当たりで金融緩和の為に急激に下げて、、
そうか、、あの豪ドルの恐ろしい下げにはこの要因もあっただろうな。。
そこからは準先進国としては高めながらも、徐々に低下してきてますね。


最近は2%を切ってきてます。
高金利の国だったのに2%切れかー、、

経済成長率



2-4%の間で安定的にプラス成長を保ってきてます。
ガンガンに高成長という感じでは無いですが、着実に高成長してきてますね。
ただ近年は2%程になってるのが気になるところ。。

10年物国債金利



オーストラリアよお前もか。。
絶賛下降トレンド中ですか。
まぁまだ2%はあるけど。
恐らくは先進国と同じく投資先が他にない低成長の病にかかっていくと思われます。。

失業率



6%って結構高くないですか(゜-゜)
金融政策がそれ程うまく行ってないのかな。

中央銀行のバランスシート(≒マネタリーベース)



2010~2014年まで何で減ってるの?(゜-゜)
そこから急激に上がってるし。
何かブレブレだな。
金融政策下手なのかw

M3(≒マネーストック)




急激に増えてるね。
急激に増えてるのに経済成長率はさほど上がらず失業率はさほど下がらず。。
こりゃオーストラリアも現代資本主義の病に罹りだしてるかな。。

まとめ

資源国で高金利の国だったオーストラリアもその立場では無くなってきてますかね。
FX的には金利目当ての取引は先細りになっていくと思われます(‘ω’)
失業率その他のデータを見ると金融/財政政策は余り上手くなさそうですね。
もっとボーナスモードな状況をイメージしてましたが、
オーストラリアも改革が必要な時期のようです。





↓よろしければクリックお願いします☆励みになります(^^♪

システムトレードランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする