中国経済データ分析 GDP/国債金利/マネーストックなど

中国経済を数値やグラフで整理してみました(‘ω’)

名目GDP


世界経済のネタ帳より)
2016年度は81,267.62×10億人民元

実質GDP(=名目GDPから物価変動の影響を除いたもの)


世界経済のネタ帳より)
2016年度は79,504.62×10億人民元

2000年超えてからの急速な成長がすごいですね。
まぁ成長させてあげたのは日米欧なんだけどね。

USドルベースでの世界GDPランキングでは2位(2016年度)です。
日本が抜かれた時少し話題になりましたね。
でもまぁ人口10倍いますので。。

インフレ率



80年代と90年代に振れ幅が大きい時があります。
何があったんだろう(‘ω’)
近年は落ち着いてきてますが、ちょいちょいデフレの時期もあったんですね。
意外です。

政策金利



なんかちょっと階段状になってるのがやはり統制経済国家なんだなと感じますね(‘ω’)
インフレ抑制の為に2000年頃までだいぶ高かったんですね。

中央銀行のバランスシート(≒マネタリーベース)


先進国と同じように金融緩和方向ですね。
きれいに増やしていってます。

M2(≒マネーストック)


M2もきれいに増えて行ってます。
本当ならオーストラリアとかより金融政策上手だなw

失業率



なんかもうさぁ、誰かが決めてるような感じw
中国での4%なんて完全雇用状態だろうしホンマかいな(´・ω・)

経済成長率



14%の成長とかホンマかいな(´・ω・)
まぁ成長率が高かったのはそうなんだろうから皆が特に2000年以降
中国中国って言ってた理由もわかりますねこれ見ると。

10年物国債金利



これはちょっと意外なグラフでした。
先進国も準先進国もだいたい下降トレンドなのですが盛り返したりしてます。
投資先が国債以外に他にあるんでしょうね。

上海総合指数


世界経済のネタ帳より)

2007年の上げ方は異常ですね。。
その後大きく下げた後上下動しながら戻してきてますが
経済成長は続いてますしや金融政策も上手くいってるようなので
現状の株価はバブルとは言えないかと思います。

インフレ率も正常ですし。
数字が本当ならですけど。。(´・ω・)

まとめ

グラフやデータだけを見るとちゃんと「資本主義国として」成長してますよねw
もう社会主義の部分は政治権力の部分だけでしょうか。
ただ、その政治部分への疑いから経済データもイマイチ信用できませんw
資本主義の自由市場に必要な「情報公開」もされてるように思えませんし(´・ω・)
ただ、データ上からは騒がれているほどの「中国バブル崩壊」のリスクはそれほど無いのではと思いました。
ですが、今までの経済成長は先進国が特権を与えてきたからでもありますので、
これからは締め付けが厳しくなるでしょうし先は不透明ですね。





↓よろしければクリックお願いします☆励みになります(^^♪

システムトレードランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする