相場に役立つ?かはわからない! ファンダメンタル分析ーインド編

お次はインド経済を数値やグラフで整理してみました(‘ω’)

名目GDP


世界経済のネタ帳より)
2016年度は169,705.72×10億インド・ルピー

実質GDP(=名目GDPから物価変動の影響を除いたもの)


世界経済のネタ帳より)
2016年度は130,040.77×10億インド・ルピー

うーん。。カーブが激しすぎますねぇw
急成長は良い事ですが、
名目のカーブがキツイからインフレ激しいんだろうなと思います。。

USドルベースでの世界GDPランキングでは7位(2016年度)です。
えっ7位なのっ(゜-゜)
結構がんばってるね。
ただまぁ中国と同じで人口めちゃくちゃいますからね。。

インフレ率


古いデータは無いようですね。
ただ2014年まで平均10%はあったんだろうと推測されます。
予想通り高かったようですね。
でもその後急速に落ちている理由は何だろう?、、

政策金利



政策金利は6%超えです。
発展途上国らしい高金利です。
FXだとスワップ狙いの取引も良いかもしれませんね。


理論でいうと高金利通貨は基本的にはインフレと共に減価して
スワップ分と為替差損がイコールになるものですが、
そういう傾向はあるものの直近5年ぐらいは安定してますね。

中央銀行のバランスシート(≒マネタリーベース)



なんかGDPの増加に合わせて増えていってる感じですね。
まだ発展途上中だし、
人間に対して基本的に必要な産業が伸びてるだろうから、
マネタリーベースの増加→マネーストックの増加→GDPの増加という
理論通りの推移をしてるんだと思います。

M2(≒マネーストック)



順調に伸びてます。
が、去年何があったんでしょう?
、、調べるとデノミですね!
そういやニュースになってました。
グラフ見ると使えなくなった現金+預金が大量に出たんですね。。
恐ろしや。。w

失業率



ちゃんとした統計無いんですよね。。w
さすがインド。。
最近はちゃんと調べられてて5%ほどのようですが。
本当かな。。
たぶん違うだろうな。。

経済成長率(年間)



2000年以降10%程の成長が続いています。
中国と並びインドが投資家の間でもずっと話題ですが、
この成長を見るとわかります。
自分も考えようかな。。(*‘∀‘)

10年物国債金利


今も6%台ありますね。
インド国債投資もよさそう。。
これからより発展していく国でしょうしね。

SENSEX指数



インドの株価指数であるSENSEX指数です。
ショックの時などに上下はあるものの、全体では順調に推移してます。
インド株投資も良さそう。。(*‘∀‘)w

まとめ

GDPや経済成長率を見るとインドは高成長を続けてきてます。
近年はインフレも落ち着いてるようですし安定感が増した感じもします。
去年のデノミは少し混乱要因ですしそういう不安定さはまだあるようですが。
あと恐らく政府機関もまだ緩そう。w
失業率のデータが飛び飛びとか初めて見たw

ただ色んなデータ見ると、、
インドに対する投資意欲が湧いてきましたっ(*‘∀‘)
この経済成長のスピード感は中国も似たようなところがありますが
中国は中央が共産党政府ですし投資をするとそれを応援してるようでイヤですね。。

インドは親日国でもありますし同じ自由主義国としての考えを持ってます。
内部的には古い因習的なものなど色々改革が必要だろうとは思いますが、
将来に期待したい国/経済でしたねっ


↓よろしければクリックお願いします☆励みになります(^^♪

システムトレードランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする