XM Trading 豊富なボーナスが特徴の海外業者

XM Tradingの特徴

XM Tradingは2009年に営業を始めています。
2018年現在、世界に100万人の顧客がいて日本人にも人気が高い大手ブローカーの1つです。

ライセンスと信託保全

XMは、
英国FCA(The Financial Conduct Authority)
キプロスCySec(Cyprus Securities and Exchange Commission)
オーストラリアASIC(Australian Securities and Investments Commission)
等、
世界10カ所以上の国の金融ライセンスを保有していて、日本語サービスはセーシェルFSAライセンスを取得するTrading Point(Seychelles)Limited.にて運営されています。

会社破綻時の保証については、AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の投資家補償基金により顧客資金の全額を保証することになっています。

顧客資金については分別管理を実施していて、Barclays Bank Plcを信託先金融機関としています。

選べる口座タイプ

取引口座タイプの詳細はこちら

マイクロアカウント/スタンダードアカウントは、手数料が無くレバレッジは最大888倍までを選択できます。
スプレッドは狭くも広くもなく標準レベルです。

ゼロアカウントは、低スプレッド競争に対応するためにアジア地域先行で発表した、極小スプレッド+取引手数料ありの口座タイプです。

取引の度に手数料=1ロット注文あたり$5.00が差し引かれます。

ゼロアカウントはボーナスインセンティブの対象ではないこと、レバレッジが500倍までしか選択できないことなどで口座を開設するユーザーはあまり多くは無いようです。

全ての口座タイプは追証なしのゼロカットシステムを採用してます。

追証なしというのは安心感がより高まりますね。
普段無理な取引はしなくても、ポジションを持っている限り微小でもリスクはあるわけなので。
そのリスクの一つが無くなります。

XM trading 公式HPへ

5・入出金について

入金


・クレジット/デビットカード入金
・mybitwallet入金
・Local Banks入金
などがあります。
現状ではLocal Banks入金(国内銀行振込)かクレジット/デビットカード入金が良いかなと思います。
クレジットカードの場合与信枠の問題などありますので、VISAデビットなどあればより使い勝手が良いと思います。

出金


・mybitwallet出金
・クレジット/デビットカード出金
・ネッテラー(NETELLER)出金
・スクリル(SKRILL)出金
などがあります。
使い勝手としては現状ではmybitwalletかクレジット/デビットカード出金が良いかなと思います。

mybitwalletとは、決済代行会社e protections社が新たに展開する、デジタルウォレットを用いたオンライン支払いサービスです。

ネット上の銀行の役割を果たしてくれます。
・業者側の出金処理完了後、アカウントに即時反映
・出金手数料完全無料
など良いサービスとなってます。

インセンティブプログラム ボーナスとポイントプログラム


XMでは口座開設時の新規口座開設ボーナス(通常は3,000円)と、入金額に対して20%~50%のクレジットを上乗せしてくれる入金ボーナスの2種類のボーナスプログラムがあります。

それとは別に取引ごとにポイントが貯まるロイヤルティプログラムというのがあり、取引によりXMポイントを貯めれば、会員ステータスが4段階にアップグレードされて行き、貯めたポイントはボーナス(クレジット)に変換することもできます。

※クレジットは取引の際に有効な証拠金として取り扱われますが、引き出し可能な現金ではありません。
あくまでもボーナスとして加算されるのでこれらボーナスを原資にして得た利益については引き出し可能ですが、ボーナス自体を引き出すことはできません。


XM trading 公式HPへ

↓よろしければクリックお願いします☆励みになります(^^♪

システムトレードランキング
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ
にほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする